当院は、小児科専門の医療機関です。子どもの病気すべての相談に応じます。

予防接種

公費負担予防接種(※1)は、豊川市の子どもが受けられます。
任意予防接種(※2)は、どちらにお住まいでも受けられます。

B型肝炎垂直感染予防も、当院で行います。

(※1)公費負担予防接種(無料): 四種混合、二種混合、麻しん風しん混合、日本脳炎、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、水痘、B型肝炎。
(当院では子宮頸がん予防ワクチンは行いません)
※BCGは集団接種です。豊川市保健センターで行います。
令和元年度豊川市の定期接種案内(下記)を参照。
(※2)任意予防接種(自費): おたふくかぜ、インフルエンザ、A型肝炎、狂犬病、ロタウイルス、不活化ポリオ、その他。

持ち物: 予診票、母子健康手帳、保険証、受給者証、診察券、委任状(保護者以外の同伴の場合必要)

令和元年度豊川市の定期接種案内は→こちら

 

パパママへ、予防接種はとても大切です。

赤ちゃんへの予防接種(ワクチン)はとても大切です。ぜひ受けましょう。

それは二つの理由によります。

①ワクチンをうつことで免疫ができ、その病気に赤ちゃんがかからなくなります。

②皆がワクチンをうつことでその病気が地域で流行しなくなります。そしてその病気を根絶することができます。

生後6か月までに受けるとよい予防接種は、ヒブ(3回)、小児用肺炎球菌(3回)、B型肝炎(3回)、BCG(1回)、四種混合(3回)の5つ、

そしてロタウイルスワクチン(任意接種)を入れると6つで、計14回もあります。

スケジュールをうまく立てて、接種を進めていくことが大切です。(2017.4.3)

 

ワクチン同時接種について

ひとりの子どもに二種類以上のワクチンを同時に接種することを「ワクチン同時接種」と言います。ワクチン同時接種は乳児期早期にロタウイルスワクチン、B型肝炎ワクチン、ヒブ、小児肺炎球菌、四種混合、BCGなどのワクチンを効率よく接種して免疫をつけるために行われることが多くなりました。また海外渡航に際して肝炎ワクチンなど短期間に必要なワクチン接種をする場合にも同時接種が行われます。

当院でも希望に応じてワクチン同時接種に対応いたします。もちろん従来どおり一つずつ接種を受ける方法でもよろしいです。
※集団接種のBCGは他ワクチンと同時接種はできません。
(2017.4.3)

(1)当院で行える二種類同時接種:
当院で接種するすべてのワクチンで二種類同時接種できます。
ヒブ+小児肺炎球菌、麻しん風しん混合1期+水ぼうそう(水痘)、水ぼうそう(水痘)+おたふくかぜ、インフルエンザワクチン+打ち忘れたワクチン、を同時接種するケースが多いです。

(1)当院で行える三種類同時接種:
当院で接種するすべてのワクチンで三種類同時接種できます。
ロタウイルスワクチン+ヒブ+小児肺炎球菌や、ヒブ+小児肺炎球菌+B型肝炎、ヒブ+小児肺炎球菌+四種混合、を同時接種するケースが多いです。

(1)当院で行える四種類同時接種:
当院で接種するすべてのワクチンで四種類同時接種できます。
ロタウイルスワクチン+ヒブ+小児肺炎球菌+四種混合、B型肝炎+ヒブ+小児肺炎球菌+四種混合を同時接種するケースが多いです。

(1)当院で行える五種類同時接種:
当院で接種するすべてのワクチンで五種類同時接種できます。
ロタウイルスワクチン+B型肝炎+ヒブ+小児肺炎球菌+四種混合または、麻しん風しん混合1期+小児肺炎球菌+ヒブ+水ぼうそう(水痘)+おたふくかぜ、を同時接種します。

 

予防接種は、原則として母子健康手帳がないと受けられません。

予防接種記録は母子健康手帳に記入されます。母子健康手帳がないと以前の記録が分からず、間違ってワクチン接種される心配があります。
母子健康手帳をなくした子どもは豊川市保健センター(89-0610)へご相談ください。就学前の子どもは母子手帳を再発行してくれます。就学後の子どもは予防接種履歴手帳を発行してくれます。

 

予防接種の委任状について

定期予防接種(BCG、B型肝炎、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、四種混合、二種混合、麻しん風しん混合、水痘、日本脳炎、不活化ポリオ)で、保護者以外の方(祖父母、父母の兄弟)が子どもをつれてくる場合は、保護者の委任状がないと接種できません。
予診票、母子健康手帳の他に委任状をお持ちください。

委任状は予防接種予診票の裏側に印刷されていますので必要事項を記入してください。

 

予防接種の予約

予防接種の予約は、1か月前から受け付けています。
予約電話: 0533-86-9516
予約受付時間: <月/火/木/金> 09:00-12:00、15:30-18:00

TOPへ